虹の学校とは?

2009年の6月に児童養護 兼 教育施設を中心としたコミュニティとしてうまれました。

 

タイの首都バンコクから北北西に車を乗り継いで約8時間、カンチャナブリー県サンクラブリーにあります。

 

 

人は自然と離れては生きていけません。また、コミュニティがないと生きるのが難しいです。にもかかわらず、現代日本に生きるぼくたちは、あまりにもたくさんのいのちから切り離された『 つながり 』の薄い空間で暮らしています。

 

 

本当は、ぼくたちはもっとこころ豊かに生きることが出来ます。

 

自分も、周りの人も、大自然も、地球の裏側にすむ人も傷付けず生きることが出来ます。

 

自分の天命を感じながら、自分も、周りの人も、大自然も、地球の裏側にすむ人も共に感謝の氣持ちをもって、助け合いながら生きることが出来ます。

 

 

今はまだそこまでにはなっていませんが、必ずそんな空間を創ります。

 

そのために、虹の学校は生まれました。