なぜ虹の学校を設立したのか?

わたしたちは、世の中の『悲しみを作り出すしくみ』を、『楽しく嬉しいしくみ』に変えていきたいのです。具体的には、わたしたちの価値観を『お金(物質的なもの)』から『しあわせ(こころの在りかた)』へと移していくということです。

 

わたしたちにとっては当たり前のことが、ある国では最高の『感謝』であったりします。物やお金は少ないかもしれないけれど、足るを知り、あるものに感謝し、こころ豊かに生きている人たちがいます。そういう人たちとつながることで、わたしたちも『感謝』に氣付くことができたら、素晴らしいことだと思っています。

 

世界の遠いところで亡くなっていくいのちが、わたしたちとつながりあっているからこそ、日本に住むわたしたちが生き方を変え、自分たちだけでなくたくさんのいのちとともに生きていく世界をつくりたい。

 

ひとりではできないことばかりですが、いろんな人たちとつながることで、それはできる!そんな想いで虹の学校を立ち上げました。