理事長玉城からのメッセージ

小さい頃から勉強と運動ができず、おまけに病弱でした。もう簡単に言うと、ダメ吉くんですね。(自分でもそう思ってたし、言ってたし・・・)

 

幸運にも十代の後半から読書を始め『 想いの力 』を知りました。

で、ボクシングを始めて主将をさせてもらえるくらいになり、いくつかの賞を取ったりして自信をつけて単身中国へ渡って(5年間)レストランを開いたりして暮らしました。

 

その中でたくさんの人との関わり、感じることがあって僧侶の道を選びました。

現在は高法寺16代目住職になっています。

 

なんにもできなかった自分が、たくさんの人に絶対無理と言われたことをやり遂げることができました。

 

寂しかった時が多かったです。数えることができないくらい倒れました。でも、数少ない友人に信じてもらって立ち上がることができました。最高の氣分を味わいました。誰かに信じてもらえることがどれだけ嬉しいことなのか知ることができました。

 

 

一人ではできないことばっかりですが、いろんな人とつながることで、関わる人全ての夢が実現していけば素敵だなと想ってNPO法人虹の種(設立当初は「NPO法人輝くいのち」)を立ち上げました。

 

そんな中で、いくつかのご縁が重なってタイの虹の学校を立ち上げることにしました。

 

世界の遠いところで亡くなっていくいのちが、ぼくたちとつながりあっていること。

 

日本に住むぼくたちが生き方を変えない限り、自分たちだけでなく世界のたくさんのいのちを潰していくことに氣づいて欲しかったからです。虹の学校を中心にコミュニティをつくることで、自然と調和したくさんの生き物と共生して生きれることを証明して、さらにモデルとなることにより力強く情報発信ができるのではないかと現在バタバタしています。

 

日本でもやりますのでどうぞおつながりになってください。 ^^